選ばれる5つの理由

真っ先に考えるのは、
「患者様の負担を減らす」ことです。

【ペンレス】できるだけ痛くない治療

虫歯が進行している場合、削る痛みを軽減するために麻酔を使用することがあります。
当院では麻酔の針を刺す前にペンレスという表面麻酔を行い、針が最初に刺さる痛みを解消します。また、針はできるだけ痛みの少ないように最も細い針を使用しています。麻酔液を注入する際はゆっくりと注入することで、不快感をできるだけ減らすように心がけています。

【ダイアグノデント】虫歯の大きさを測る機器を使用しています

当院では虫歯の大きさを数値化することで、なるべく歯を削らない治療を心がけています。(大きく進んでしまった虫歯は、削って治療する場合があります)。
光を当てるだけなので、痛みがありません。また、小さなお子さまや妊婦の方でも検査できます。

写真や図などを使用し、
「見てわかる」説明を心がけています

患者さまのお話を、まずじっくりと聞かせていただきます

当院の治療のスタートは、患者さまのお話に耳を傾け、患者さまのお気持ちをしっかりと理解することです。患者さまの最良のパートナーとして治療をしていきたいと考えています。
歯科治療というものは、得てして歯科医師からの「押し付け治療」になってしまいがちです。ましてや、患者さまは治療中は緊張していらっしゃいますから、なかなかご自身の希望を伝えるのも勇気がいることと思います。そこで当院では、まず患者さまのお話を大切にし、ご希望をシッカリとお伺いしてから治療をスタートさせます。

口腔内カメラでわかりやすい説明

「いま自分はどんなことをされているんだろう?」と、治療中、不安になった経験があるかと思います。そうした不安は少なからず、「痛み」や「恐怖」にも繋がるものです。
そこで当院では、治療を行う前に「口腔内カメラ」を使って、お口の中を撮影します。撮影した写真を見ていただき、虫歯の部位、進行度合い、治療方針を説明して、患者さまにご納得いただいた上で治療開始となります。治療後は再度口腔内カメラを使って撮影して、確認していただきます。

治療の種類と違いを分りやすくご説明いたします

治療内容が決まっても、その内容に対する治療方法には色々な種類があります。その場合は、様々な選択肢をご用意し、患者さまのライフスタイルやご状況に合った治療をご説明いたします。そこで同意が得られた上で、やっと治療をスタートさせるのです。
「患者さまの話をよく聞く」
「患者さまの立場になって話をする」
「患者さまに合わせた医療を提供する」
治療に入る前のこうした丁寧なやり取りが、結果的に安心の治療に繋がっていくと、私たちは信じています。

最新の設備を導入してます。

歯科用CTのメリット

  • ■お口の中を立体的に確認できる

    特にインプラントなどは、確実に患者さまの状況を的確に診断しなくてはなりません。そのため、安心・安全な治療を行うためには、CTは必須となるのです。

  • ■他の医療施設に行く必要がない

    CTが無いということは、高度な治療を受けるために他施設で受診しなくてはいけません。高額な撮影費用、時間が必要毎に発生してしまいます。当院では、その心配もなく治療を進められます。

  • ■場合によっては、術中も撮影ができる

    ケースにもよりますが、院内にCTがあれば術中にもCT撮影を行い、随時お口の状態のチェックが可能です。通常のレントゲン写真ではわからなかった部分が、このCTでは、精密・立体的に見ることができます。特に、歯周病の程度、親知らずの状態の把握を正確に行うことができ、より安全、確実に治療することができます。

当院では院内感染の防止に努めています

当院の歯科施設では、水質改善した水をさらに電気分解し、除菌機能水を生成する「エピオスエコシステム」を導入しています。
除菌機能水を使用することによって、患者さまが行う、うがいや歯を削るタービンから出る水など、診療全体に殺菌水を使用し、院内感染対策を行っています。
除菌機能水は、虫歯菌・歯周病菌・エイズウイルス・MRSA・インフルエンザ・肝炎・黄色ブドウ球菌など、ほとんど全ての殺菌・ウイルスを瞬時に除菌できる最新の機能水です。

医療施設用空気清浄装置エアロシステム

このシステムは、空気中のウイルス・細菌・花粉・PM2.5等をすばやく除去できる高性能で信頼性の高い装置です。医院独特の臭いを除去し、さわやかな空間をつくり快適な治療を受けて頂きます。また、特に花粉症の方には最適な環境下で治療が受けられます。

歯医者が嫌いなお子様でも
来院が楽しくなります。

泣いてしまう場合は、慣れてから治療を開始

歯科医院に入った時から、大声で泣いてしまうお子さまもいます。
そこで当院では、「歯医者嫌い」をなくすために、段階的に治療を進めていきます。まず、怖い場所、痛い場所ではないと理解してもらうことが、泣かない、痛くない小児歯科治療のコツなのです。また、お子さまがリラックスできるようにドクターやスタッフが話しかけ、食生活や生活習慣、その子がどんな性格なのか?を把握することに努めています。
最初の印象が大切なので、初診では口の中を触られることに慣れていただきます。泣いてしまうお子さまは泣き止むのを待ちます。お子さまがドクターに慣れ、自分から進んで口を開けてくれるようにじっくりと治療を進めます。

唾液検査で虫歯リスクを調べます

さいお子さんでも虫歯になりやすい子と虫歯になりにくい子がいます。その違いは、虫歯を作ろうとする要因(アタックパワー)と歯を守ろうとする要因(ディフェンスパワー)を調べることによってわかります。

虫歯の予防にもチカラを入れています

「このままでは、将来痛くなるから削って治そうね」と説明しても、歯が痛くなった経験のないお子さんにとって理解できず、ただ治療時の嫌な思いだけが残ります。これが、「歯医者嫌い」の原因になり、本当に必要な治療のときに歯医者に行かなかったり、ハミガキ指導にも不熱心になったりします。
痛くなった乳歯の治療では、治療中嫌がっても治療後痛みが無くなれば、どんな小さなお子さんでも治療効果を理解でき、少なくとも歯医者嫌いにはなりません。
お口の環境は、全部削って治した時より、汚れたままで虫歯になりやすい口腔環境のままということをよく理解したうえで、ご家庭では、ハミガキ・フッ素洗口をお願いします。

スタッフ全員が患者様の担当です。

患者さまとはフレンドリーな関係でいたい

歯医者に行ってスタッフの対応が、無言で無愛想だったらどうでしょう?ただでさえ歯医者は怖いところなのに、なおさら不安な気持ちになりませんか?
当院では、患者さまとできるだけフレンドリーな関係でいたい思っています。そのため、患者さまといろいろな話をします(雑談も含めて笑)。「最近どこか旅行に行かれましたか?」「お体の具合はどうですか?」など、心がなごむような会話で、患者さまとの壁を出来るだけ作らないようにしています。

ご高齢の方も安心してご来院ください

当院では、長いお付き合いの方が多いので、待ち時間にはスタッフが患者さまの趣味などに合わせたお話をして、くつろいだ時間を過ごしていただけるように心がけています。
ひざかけや座布団をご用意し、車椅子の場合もチェアサイドまでお手伝いしますのでご高齢の方も安心してご来院ください。

光輪歯科は完全なバリアフリーではありませんが、スタッフができる限りカバーをさせていただいておりますので、お気軽にお声をお掛けください。

お問い合わせはこちら

  • 求人情報
  • 患者様の声
  • 症例集
  • コラム
光輪歯科

〒462-0825
愛知県名古屋市北区大曽根4-20-31

JR中央本線・名古屋市営地下鉄
名古屋鉄道瀬戸線

「大曽根駅」より徒歩5

アクセスはこちら

審美治療

メニュー

治療について

医院について