コラム

2018/02/14

インプラントの流れを理解しましょう

今日は、インプラント治療の流れを紹介します。

 

 

インプラントは歯を失ってしまった部位にチタン製の金属の材料を埋入して、

 

 

その上にかぶせ物をかぶせる方法です。

 

 

それでは、治療の流れを説明します。

 

 

治療の流れ

 

①資料採取

 

・レントゲン写真(CT撮影含む)

 

・顔と口の中の写真

 

・歯の型取り(模型作製)

 

②デジタルガイドソフトで診断

 

デジタルガイドソフトを使って、インプラントを埋入する位置を確認しながら

 

診断します。

 

インプラントが適切な位置に埋入できるよう、サージカルガイドを作成します。

サージカルガイド

 

③インプラント埋入手術

 

サージカルガイドを使用してインプラント埋入手術を行います。

 

④消毒および抜糸

 

翌日に消毒を行い、1週間後に抜糸を行います。

 

⑤上部構造装着

 

インプラント埋入後、順調に行けば上顎で3カ月、下顎で2カ月で骨と結合します。

 

インプラントと骨が結合した後、上部構造(かぶせもの)を作製して装着します。

 

⑥メンテナンス

 

上部構造(かぶせもの)を装着した後、3ヵ月に1回ほど来院していただき、

 

メンテナンスしていきます。

 

 

 

前の記事 :
次の記事 :

一覧へ戻る

052-914-8148

お問い合わせはこちら

  • 求人情報
  • 患者様の声
  • 症例集
  • コラム
光輪歯科

〒462-0825
愛知県名古屋市北区大曽根4-20-31

JR中央本線・名古屋市営地下鉄
名古屋鉄道瀬戸線

「大曽根駅」より徒歩5

アクセスはこちら

審美治療

メニュー

お問い合わせはこちら

  • 求人情報
  • 患者様の声
  • 症例集
  • コラム
光輪歯科

〒462-0825
愛知県名古屋市北区大曽根4-20-31

JR中央本線・名古屋市営地下鉄
名古屋鉄道瀬戸線

「大曽根駅」より徒歩5

アクセスはこちら

審美治療

メニュー

治療について

医院について